「負けず嫌い」とは「自分と向き合えない弱さ」かもしれない

雑談
スポンサーリンク

どーもヨーラです。

2019年3月21日、イチロー選手が引退を表明されましたね。野球好きの僕としてはもちろん、イチロー選手大好きです。昨夜は夜遅くまで記者会見を見ていたので若干の寝不足です。

 

全文記事もあったので載せておきます。

 

イチロー引退【会見全文・前編】「監督は絶対無理。人望ない」「日本復帰の選択肢はない」 〈dot.〉
 大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)=本名・鈴木一朗=が21日、プロ野球選手としての第一線から引退することを表明した。この日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕第2戦に9番右翼で先発...

 

イチロー選手は名言もたくさんあって、ちょっとググるといろんな言葉が出てくるのですが、読んでいくと考えに一貫性があるんですよね。”何かを成し遂げるには一貫性を持つ必要がある”っていう言葉も残してるくらいなんで。

今回はその引退会見を見ながら、僕の心に残ったことについて書いてみます。

 

イチロー引退会見から学ぶ

一貫している考え方

過去のイチロー選手の発言を見て一貫していることに、

  • 他人と比較しない
  • 日々の積み重ねを重要視する

本当に大きくいうとこの2つだと思うんですよね。常に自分と向き合い、毎日自分をちょっとでも超えていけるように。野球の面白さを聞かれて、”団体競技だけど個人競技でもある”と答えていたところに滲み出ているものがあるんじゃないかと思います。

 

「負けず嫌い」ということ

僕はずっと負けず嫌いで生きてきてて(最近はそうでもないんですが)、音楽学校に入ったときも、ライブハウスで対バンするときも、セッションで弾くときも、とにかく負けん気を持って挑むタイプでした。

でも当然僕よりうまくてかっこいいミュージシャンなんていくらでもいるので、その度に悔しくて家で練習を積む日々でした。その日々のおかげで今なんとかここにいられるというのも確かにあるとは思うんですが、今このタイミングで頭をよぎるのは、

 

「自分と向き合いきれない弱さ」を、「負けず嫌い」で埋めていたんじゃないか

 

ということ。

矢印はいつも外を向いていた気がするんです。矢印を自分に向ける勇気がなかった。自分に負けるのが怖いから、他人と比べて勝てそうな部分を探す。だめだこれはー笑

矢印を自分に向けてみると、いくら繕っても着飾っても意味がないので、孤独を知ります。なのでひたすらコツコツと、自分と向き合って、積み重ね続ける。

外の誰かの影響を受けて参考にするのはもちろん大事で、それは当たり前にやるんですけど、比較はしない。第三者の評価は受け入れるけど、惑わされたりはしない。自分と向き合うことから逃げない。

 

おわりに

本当に魅力的な人物ですよね。野球好きに限らず影響を受けた人ってきっと何億といるんじゃないですか。メジャーリーガーなんだから。

あとインタビュー内で”明日もトレーニングしてると思います”って言ってたのを見て、小説「終末のフール」の『鋼鉄のウール』内、苗場さんを思い出しました。これも好きです。ではまた。

 

 

このブログを書いている人

ヨーラ
ヨーラ
ヨーラです。音楽やってますがラーメンと野球が好きです。 ツイッターフォローしてね。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました