【ギグケース】basinerのベースギグケースがだいぶ良さそう

機材の話
スポンサーリンク

どーもヨーラです。

昨日YouTubeをだーっと見ていたら、こんな動画を見つけました。

で、「めっちゃ良いじゃん!」と思って速攻ポチってしまいました。そしたらそれがさっき届きました。アマゾン早すぎ。なので今回はこのbasinerのギグケースを紹介しようと思います!

ちなみに余談ですが、この動画の「くぼあつし」さんって僕が通ってた音楽学校の先輩なんですよね。あんまり話したことあるわけじゃないんですけど。ベースクリニックでウッドベース弾いてるのを見たことがあります。他の動画もすごく面白かったので、ベーシストの方はぜひチェックしてみてください。

basiner ELECTRIC BASS BAG

 

basinerとは

ベイシナーと読みます。僕は今回初めてその名を知ったのですが、楽器のケースをいろいろ作ってるメーカーのようです。すげえざっくりした情報ですが。

 

basiner(ベイシナー) 日本語ホームページ|Premium Gig Bags for Music Lovers
おしゃれで機能的なギア ―basiner 日本語ホームページ

 

ホームページ見たら、ベースだけじゃなくてエレキギター、アコギ、ウクレレ、セミホロウギター、スネア、スティックのケースも出していました。あとギターストラップも出してましたね!車のシートベルトみたいな素材のやつ。コンセプトはこんな風に書かれてました。

 

basiner(ベイシナー)では、ミュージシャンが求める機能性を取り入れた最高かつスタイリッシュなデザインの製品作りを心掛けています。 我々は、単に楽器をプロテクションするだけでなく、ミュージシャンのインスピレーションやアイデアを大切にしています。 音楽から生み出される多くのインスピレーションは新たなファッションやカルチャーへ派生しており、 我々basinerは製品を通じてミュージシャンとそれらを共有していきます。

 

実際に届いて、手にしてみて僕が持った感想は、

・見た目がおしゃれ
・丈夫なわりに意外と軽い
・背負ったときに高くなりすぎない
・あったら嬉しい機能がだいたいついてる

という感じです。要するにめっちゃ良いです。買ってよかった。まだ外に持ち出してないけど。では細かくレビューしていきます。

 

デザイン

 

 

 

 

 

 

 

僕はチャコールグレイというカラーにしました。赤系があったらそれにしたかったんですけど、たぶんbasinerのコンセプトに合わなかったんでしょうね。

それにしても確かにスタイリッシュ!あんまり若すぎないというか、アラサーミュージシャンって楽器を持ち運ぶことに若干の気恥ずかしさを感じ始めるころだと思うんですが、これならまだいけそうです。

ちなみにカラーは全部で4種類、Charcoal Gray、Ocean Blue、Rust Brown、Midnight Blackがありました。女の子のカジュアルなファッションとも合わせやすいんじゃないかなと思います。

 

中身

とはいえ中の楽器をしっかり守ってくれるかどうかが一番気になるところです。開けたらこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

待ちきれず、写真を撮る前に楽器を入れちゃいました。ネックを守るためのクッションがついているのが嬉しいですね。固定のクッションとは別に、マジックテープ式で移動できるクッションも付属しているので、楽器の大きさによって2箇所で固定できます。

楽器の下部を支える部分もしっかりクッションが備え付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

これ結構大事で、長年使っているとケースに穴が空いてくるんですよね。僕が10年くらい使っていたベースケースはもはやこんな感じで穴が空いてます。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

ポケットがたくさん

楽器を持ち歩く時は一緒に付属品も持ち歩くことが多いと思うので、それらをギクケースに一緒に入れちゃえたら嬉しいですよね。そんな付属品を入れるポケットが3つ付いています。

まずは一番上の小さいポケット。

 

 

 

 

 

 

 

ここは弦を切る用のニッパーとか、9Vの電池とか、クリップチューナーとか入れとけば良いんじゃないでしょうか。僕はドライバーと、譜面灯もここに入れてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は中段。

 

 

 

 

 

 

 

ここは大きさ的にエフェクターとか入れとけますね。あんまりたくさん入れると重くなっちゃいますが。ボード持ってくほどじゃないけど、2つくらいエフェクターは使いたいな、って人は良いと思います。

あとは差し入れでカントリーマアムとかをもらったときに、ここの内ポケットとかに入れとけば割れにくいしおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

こんなです。かわいい。

 

最後に下段。

 

 

 

 

 

 

ここは譜面とかファイルとか入れとくのが鉄板ですよね。僕もよく入れてます。あとシートベルトみたいなものが着いていて、これを使うことで写真のようにシールドを整理できます。これ便利ですね。綺麗に巻いてもだいたい絡まっちゃうので。あとは弦もここに入れておくことが多いですかね。

 

 

 

 

 

 

あと横側にカード入れみたいのも付いてます。

 

 

 

 

 

 

 

まぁライブハウスのパスを入れたり。
ここにSuicaを入れて改札を通るという高等テクニックを磨いても面白いと思います。

カントリーマアムを入れようとするとたぶん潰れるのでやめた方が良いでしょう。

 

カバン紐を収納できる

カバン紐っていう言い方が正しいのかどうかわかりませんが、これのことです。

 

 

 

 

 

 

 

これがあると背負えるよ、ってやつ。これってどこかに立てかけたりしたときに、足に引っかかったりしてちょっと邪魔なときがあるんですよね。もしかしたらこれに足を引っ掛けて掘りごたつに落ちて足を骨折するかもしれないし。なのでこれをしまう機能が付いています。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとだるま感があります。でも結構便利ですね。しまうときに金具から取り外すのが面倒ですが。

あとカバン紐ついでに書きますが、ケースに対して付いてる位置がとても良いですね。これベース用のギグケースを背負ったことがある人はわかると思うんですが、ケースを背負うとギターに比べてかなり高さが出てしまうので、ドア通るときとかにヘッドをぶつけちゃうんですよね。ですがこれはカバン紐が若干上側に付いているので、背負ってもそこまで高さが出ないようになっています。

 

 

 

 

 

 

公式に写真がありました。これ、個人的にポイント高いです。でもよく見たらこれ、ベースケースじゃないかも。にしても高さはあんまり出ないです。

 

レインガードもあります

これは最近よくありますが、ケースの下部にレインガードが隠されています。

 

 

 

 

 

 

 

ここですね。これを取り出してケースに被せれば、雨が降ってもなんとかしのげます。

 

 

 

 

 

 

 

これもネック部分を丸々覆ってくれるのがありがたいです。

 

おわりに

多機能でありつつも丈夫で軽くてスタイリッシュ、かなり良いです。正直値段は張るんですけど、大事な楽器を守れるんだったらここは投資しても良いところだと僕は思ってます。

過去にサドウスキーのギグケースも使ってましたが、あれは丈夫だったけどかなり重かったんですよね。若かったから使えてたような。

iGiGは良いですね。ストラトはあれに入れてます。でもデザイン的にちょっと無骨なところがあるのと、けっこう他人と被るので、ライブハウスの楽屋とかに置いとくと、紛らわしいんですよね。

しばらくメインのベースはこのbasinerに入れて持ち運ぼうと思います。使っていくなかで気づいた部分があったらまた追記しますね。でも現段階でかなりおすすめです。ではまた。

 

おまけ

10年くらい使っていたベースのギグケース

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ年季入ってました。ファスナーの持ち手もいろいろないし、穴も空いてるし。でもありがとう。お世話になりました。

コメント