iPadで譜面を読むにはPiascoreが良いらしい

テクニック
スポンサーリンク

どーもヨーラです。

この時代に生きている以上、新しいものはなるべく導入したいなと考えている僕ですが、譜面は割と紙派でした。その理由として

演奏中にフリーズしたらこわい

 

ただこれだけだったのですが、現在使っているiPadを購入してもう2年半経ち、「iReal」とかを使っててもフリーズしたりは一度もなかったのでこの機会に導入してみようと思います。

【ついに】iPad 買ったんだよ
もう3年くらい前からずっと欲しい欲しいと言っていたような気がしますが、この爆買い月間においてついに買ってしまいました。 iPad pro 10.5インチ 外箱 相変わらずスタイリッシュに攻めてくる外...

iPad用譜面リーダー

Piascoreが良いとのこと

いろいろ調べてみましたがこのアプリがiPadには一番使いやすいみたいです。

‎Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー
‎** 世界で3,000,000人のミュージシャンが、使ってます! ** ** iPad Pro & iPhone X に完全対応! ** Piascore は、ピアノやギターなどの楽器を演奏する人のために作られた、iPad/iPhone用の電子楽譜ビューアです。「世界中の楽譜をあなたの手元に」がコンセプト。 ピア...

 

他におすすめあれば教えてください。

 

できること

ざっくりとした機能として、

・スクロールの方向が選べる

・余白の調整

・書き込みが出来る

・クラウドからの譜面共有

 

この4つが出来れば個人的には十分でした。譜面はPDFにしてグーグルドライブにすべて保存してあるので、そこにさえあればすぐ呼び出してiPadに表示させることができます。

まぁ表示させるだけなら別に何のアプリでもできますが、セットリスト機能が付いているのがとても使いやすそうですね。ライブの日付とかアーティスト名を見出しにつけておいて、そこに全部PDFを入れとけば良いですね。

これが結構サクサクできるし譜面が全部地続きになっているので、これまでマステとかで製本していた作業を全部無くすことができます。

 

紙に比べて弱いとこ

やっぱスクロールが鍵ですよねー。ただ流すだけならまだしもD.Sとかコーダとかがページをまたいであったりするとなかなかきつい。

タブレットで見ること前提だとしたら、こういう繰り返し記号は使わずにただひたすらスクロールさせるほうが読みやすいかも。

そのうち楽譜をデータで買うときも、プリントアウト用かタブレット閲覧用かで選ぶかもしくは両方に切り替えられるような仕様になるかもしれませんね。もしかしてもうなってんのかな、僕が知らないだけで。

 

おわりに

というわけで今後はなるべくiPadを使って譜面を見ていこうと思います。これはもう慣れなのでね。あとアップルペンシルも使わなすぎてかわいそうなのでなるべく持ち歩きます。

ちなみにこの記事のアイキャッチイラストはアップルペンシルで僕が書きました。「いらすとや」からの卒業も近いか。。。!?ではまた。

 

 

このブログを書いている人

ヨーラ
ヨーラ
ヨーラです。音楽やってますがラーメンと野球が好きです。 ツイッターフォローしてね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました