新曲「フラグ」のライナーノーツ

テクニック
スポンサーリンク

どーもヨーラです。

2021年3月2日に投稿したボカロ曲「ジクジク」に続いて、3月26日に新曲「フラグ」を投稿しました。

「フラグ」のライナーノーツ

 

使用音源、楽器

ドラムは引き続きToontrackの「SUPERIOR DRUMMER 3」です。小さめのセットというか、あんまり大げさじゃない感じの音作りをしています。

ベースはアルバトロスのジャズベ。弦は初めて張った「La Bella」。めちゃ良かったです。程よく唸るというか、芯がしっかり出ている感じの音で弾き心地も良かったです。

La Bella ( ラベラ ) >RX-N4B Rx Nickel 45-65-80-100|サウンドハウス
スライドノイズを限界まで抑え、正確なイントネーションを得られる高級ベース弦。職人の技が織りなす、その豊かなトーンは、ジャンルを選ばず、多くのベーシストに愛されています。

ピアノは「EZKeys」のアップライトピアノ音源です。

途中で「Waves」の「Grand Rhapsody Piano」に差し替えてみたのですが、ちょっと大げさになりすぎて、またバンドサウンドに混ざると線が細くなってしまったので戻しました。

オルガンはNI社の「Vintage Organs」です。僕がオルガン使うときは全部これです。オルガンの実機って僕は使ったことないのですが、パラメータをちょっといじるだけでけっこう音が変わるのでわかりやすいし楽しいです。プリセットが多いのも嬉しい。DAWを始めて割と初期に買いましたがずっと使ってます。

キーボード : Vintage Organs | Komplete
VINTAGE ORGANS brings the classic organ sounds of the past to your productions and performances today.

 

ギターはすべて「YAMAHA」の「Variax」を使用しています。

ちょっと歪んだ音でコードバッキング系、クリーン系でシングルノートカッティングとテーマリード、アコギは前編ストロークとアウトロ直前のアルペジオで入ってます。アコギの音、すごく良いですよね。リアルアコギと比べたらまた違って聴こえるんでしょうけど。

 

ボカロは「初音ミクV4」です。今回はとにかくメロディが綺麗に伝わるように、歌詞がそのまま伝わるように意識して調声しました。サビでメロディの跳躍が多いので、その辺はこだわりました。

これはボカロというよりもメロディですが、サビのメロディは今までで一番微調整が多かったです。音使いは変わってないのですが譜割りがどうもしっくり来なくて、何度も微調整しました。今となっては、なんでこれが最初に出てこなかったんだろうと不思議に思うほど、自然におさまりました。

 

 

イラスト

今回動画で使用するイラストを、初めて依頼させていただきました。

描いてくださったのは葉月ひよこさん。

曲の心情が表現された素敵なイラストを描いてくださりました。

今までは楽曲に合いそうなイラストを、Piaproで探して使用させていただいていたのですが、今回は自分の楽曲とイメージを伝えて、描き下ろしていただくという流れでした。

自分の楽曲にイラストを描いていただくということがこんなに楽しいものなんだ!と新たな喜びを知りました。また他業種の方に依頼することで良い気づきもあったので、僕がご依頼を受けるときにも活かせそうだなと思いました。

 

おわりに

歌詞のライナーノーツはまたnoteに書こうと思います。末永くよろしくお願いします。

 

このブログを書いている人

 

ヨーラ
ヨーラ
ヨーラです。音楽やってますがラーメンと野球が好きです。 ツイッターフォローしてね。
https://twitter.com/yola_music

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました