【2017年7月まとめ】♢暑いですね♢最近音楽を聴いてて感じること♢ブログ♢カープ他

月まとめ
スポンサーリンク

暑いですね。梅雨もいつのまにか過ぎてセミが鳴いています。

正直7月はかなりダラダラしてしまいましたのでさくっと振り返ります。

2017年7月まとめ

 

 

 

 

 

 

 

ブログ

 

 

 

先月、先々月に比べて下がり、1000pvも切ってしまいました。

記事更新してないので当然なのですが。やはり暑いと制作意欲は湧きづらいですね。名作は肌寒い切ない秋の夜に落ちる涙から生まれるものなのです。すみません。

でも内容としては音楽的で内容の濃い記事もあるので、後々増えてくれれば良いかと思ってます。

・【見えない何かを信じているのか】ボーカルが脱退したバンドを継続させる理由

・【ドラマーじゃない人向け】ドラム譜の書き方とありがちな罠4つ

・ベースの役割をカラシに例えてみた

・【DTM】iLokの使い方

最近音楽を聴いてて感じること

こう見えて一応今のヒット曲というものを流し聴き程度には聴いているのですが、すごく思うのが、ボーカルのピッチの悪さ。なんだか屁理屈オヤジみたいでこんなこと書くのいやなのですが、本当に感じるので。特に、出音じゃなくてロングトーンの途中のところ。アイドル系とか若い声優が歌ってる曲はガチっとピッチ修正されててむしろ聴きやすいです。音楽本格派っぽい新人ボーカルとか、バンド系、あとツイッターの告知で流れてくるような女性ボーカルバンドがそういう傾向高いです。曲が良くても歌のピッチが悪いとそれだけで聞く気なくすので本当にもったいないと思います。ピッチ修正に抵抗を持つボーカルの人ってやっぱりまだ多いんですかね。抵抗を持つ気持ちはわからなくはないですが、ピッチ修正も曲の良さを伝わりやすくするためには必要な努力だと思うので、なんとか頑張ってほしいです。なんで最近感じるようになったのかは謎です。ボカロをやり始めたからなのか、単純に僕の耳がピッチに対してシビアになって来たのか、ロングトーンの途中のピッチというのが盲点なのか。。。海保けんたろーさんもブログで書いてますが、本当にもったいないのでなんとかしましょう。

ボーカルの音程を修正しないバンドはなんなの?ギャグなの?

7月のカープ

オールスターも終わり、後半戦に突入しました。僕らのカープは4カード連続で勝ち越し、以前2位の阪神に10ゲーム差をつけて首位を独走、早ければ2日にもマジック点灯するらしいです。くしくも阪神に9点差を逆転された試合というのが薬になって、逆転を諦めず、大量リードになっても攻撃の手を緩めない、ピッチャーも気を引き締めて投げるという流れになっているように思えます。ケガにだけは気をつけて、最後まで戦い抜いてほしいですね。

8月の目標

ブログ記事は15を目標にします。2日に1件ペース!やればできるはず!あと音楽もなにかとやってるのですがあんまり書くようなこともないので、書けるような活動ができればと思ってます。パッとしてシュッとするようなやつ。ではまた。

おまけ

コメント