【食べてきた】日高屋 エビ辛とんこつつけ麺

ラーメン
スポンサーリンク

やってきました日高屋シリーズ第二弾。気になってる人も多いと思うのでぜひ食べる前にご一読を。

2018年5月9日追記:今年も日高屋で期間限定として始まってるみたいですね。今年はまだ食べてないですが、写真を見た限りでは大きな変更はないようです。今度食べてきますね。

 

エビ辛とんこつつけ麺

 

着丼

 

 

 

 

 

 

麺はいつもの麺です。油そばとかと同じ。ひやもりにしてみましたが麺はなかなかくっついてます。麺のほうにメンマ、卵、えびが乗ってます。

とりあえずそれらをすべてつけだれに沈めます。つけだれは思ったより赤い。そして思ったよりつけだれの量が多いです。そして思ったより辛い。。。つけだれの中に具材は特にありません。しいて言えばゴマくらいです。つけだれはえびの風味というか甲殻的なダシを感じました。

日高屋のスープは化学の味を存分に感じるのですが(モツ野菜ラーメンとか)これもまさにそれです。でも日高屋はこれで良いと思ってます。

 

つけ麺である必要性

 

正直つけ麺である必要性はほぼないです。つけだれの濃度もありません。普通のラーメンで良いと思います。それかやはり油そばスタイル。つけだれを濃くして減らして濃度をつける。これのほうが絶対美味しいと思います。日高屋アドバイザー(自称)の僕がいうのだから間違いないです。日高屋の偉い人、もしこれを見ていたらご検討お願いします。これも日高屋への愛ゆえです。

コメント