【食べてきた】希家 与野店

ラーメン
スポンサーリンク

ピアノ発表会のお手伝いで与野まで行ってきました。もう京浜東北線も慣れたものです。ちょっと早く着きすぎて、お腹が空いたなと思っていたら目の前に家系ラーメン屋さんがあったのでそりゃ入ります。そりゃ僕ですから。

希家 与野店

ざっくり情報

株式会社創業新幹線という会社が、新業態として2014年に「希家」第一号として与野にできたそうです。今はちょこちょこ他の場所にもあるようで。いわゆる「資本系」というやつですね。

店内

お店に入ったら左側に券売機があり、そこで買います。

ぱっと見一番大きいボタンに「豚骨らーめん」と書いてあり、「あれ?」と思ったのですが、いざ発券されたものを見ると醤油か塩か選べる方式だったので、まぁそういうことでした。

席はカウンターが8席くらい、ボックス席が2つか3つほどでした。

着丼

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーミー系のスープにうずらの卵が乗ってる姿を想像していたのですが、ちょっと違いましたね。

スープは醤油が強めでイヤなアブラっぽさはありません。

麺は中太で、固めでオーダーした割にはちょっとゴムっぽさがありました。

最近すごく思うのですが、ラーメンってスープも大事だけどやっぱり麺ですよね。これ当たり前のこと書いてますかね。

まとめ

ちょっと酷評っぽい感じでしたが、そこまで悪くありません。割と好きな方です。

家の近くにあったらたぶんまた行きます。

コメント