【食べてきた】つけ麺屋 やすべえ 新宿店

ラーメン
スポンサーリンク

どーもヨーラです。

久々に新宿に降り立ったので、これまた久々に行ってきました。

つけ麺屋 やすべえ 新宿店

 

お店

 

つけ麺屋 やすべえ|10年かけてようやく辿りついた渾身の麺

 

定かではないですが、僕が生まれて初めて食べたつけ麺かもしれません。定かではないですが。

北海道に当時「つけ麺」なんてなかった気がします。少なくとも僕の周りでは。似たようなので「ざるラーメン」というのはありましたけど。

やすべえ新宿店は、新宿駅南口から徒歩5分くらいのところにあります。入ったら左に食券販売機があるので、そこで食券を買って店員さんに渡して、案内された席に座ります。席はカウンターのみ。通路が若干狭いので、楽器を背負ってた僕は入り口のスペースに置かせてもらいました。それくらい狭いです。

卓上にはお酢、削り粉、玉ねぎみじんが置いてあります。これつけ麺やで嬉しい三種の神器というやつでしょう。ちなみににんにく等も頼めばもらえるみたいです。

 

着丼

 

 

 

 

 

 

 

普通のつけ麺。

つけダレは、この時代においてはかなりサラサラ系ですね。あっさり和風。どろどろ系、コンポタ系が流行っている中、このタレを継続しているのはかなり強気と言えるのではないでしょうか。僕としては、今となってはやはりかなり物足りなさを感じてしまいます。辛味つけ麺にしたほうがよかったのでしょうか。いや、味の濃さというよりも、やはり濃度がほしいんですよね。うーん、たぶん僕の心の濃度が上がってしまったんだと思います。

具材は沈んで見えないのもありますが、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。トッピング次第で玉子があったり水餃子のようなものがあったりするみたいです。チャーシューが量少なかったですが美味しかったですね。トッピングしてもよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして麺。やすべえは小盛、並盛、中盛、大盛りはすべて同じ料金で食べれます。トッピング等なしだとすべて780円。そう考えると昨今のつけ麺のなかでは安いですね。最近のつけ麺やラーメンって平気で1000円超えて来ますから。昔は迷わず大盛りを頼んでましたが、さすがにもう厳しいです。それでも中盛行ってるだけ褒めてください。つけダレに関しては少し厳しい評価をしましたが、この麺はかなり好きです。太さといい、この黄色い色といい最高です。ただ麺の水切りが甘くて、最後の方皿の上がびしゃびしゃだったのが残念でした。

 

おわりに

まだ僕がラーメンに今ほど傾倒していなかったころでも、よく行ってたラーメン屋さんです。もうないけど当時は下北沢にもやすべえがあったので、ライブの空き時間とか終わったあとに行ったりしてましたね。懐かしい。。。ではまた。

 

 

このブログを書いている人

 

ヨーラ
ヨーラ

ヨーラです。音楽やってますがラーメンと野球が好きです。

ツイッターフォローしてね。

ヨーラ(@yola_music)さん | Twitter
ヨーラ (@yola_music)さんの最新ツイート ベース、作曲、作詞など。北海道出身。 ヨーラPiTunesでリリースしました YouTubeチャンネル 文章を書くのが好きです。 東京都

 

コメント