【食べてきた】江戸前つけ麺 サスケ

ラーメン
スポンサーリンク

最近新しいラーメン屋の開拓ができておりません。こないだ富士そばに行ったときに煮干しラーメンを食べたのですが、それをブログにするのはさすがに。。。と思って見送ってきました。今回久々にラーメンシリーズです。

江戸前つけ麺 サスケ

浜松町にある世界貿易センタービル地下レストラン街の一角にあるラーメン屋さん。外にある食券販売機で食券を買って、店内のカウンター席に座ります。15席ほどでしょうか。椅子は動くタイプなので状況によってうまくやりくりする感じです。

着丼

 

 

 

 

 

 

つけ麺なので茹で上がりに時間がかかりますが、僕が行った時は14時ころで空いていたので、おそらく10分くらいで着丼したと思います。頼んだのは「江戸前つけ麺 中盛り」です。並盛りと同じ値段でした。ちなみにこの写真を撮り終えたあと、つけだれと麺の丼を左右交換しました。右利きの場合はつけだれを右にするのが食べやすいと思うのですが合ってますか?

麺はつやつやしてて小麦の香りもして良い麺でした。太いです。余計な食感もなくちょうど良いかんじです。つけだれは魚介や煮干し系でわりとどろっとしてます。やはりつけダレはどろっとしてないといけませんね。具は細かい煮豚やメンマ、ネギ、ですかね。なるととか入ってたらなお良かったのですが。

まとめ

正直あまり期待してなかったのですが。まぁ美味しいつけ麺なんじゃないでしょうか。ただつけ麺といえば銀座の銀座の「朧月」が別格で、もうあんまり驚いたりはしないですよね。あのビル内で美味しいラーメンを食べたいのだったらサスケに行けば間違いはないと思います。おすすめです。

コメント